2013年9月27日金曜日

産学官連携:医薬イノベーションにおけるインセンティブと知識 2013.09.26

産学官連携ワークショップ:医薬イノベーションにおけるインセンティブと知識


日時:2013年9月26日(木) 13時から18時
場所:一橋大学千代田キャンパス(学術総合センター内、
          〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
          商学研究科リエゾン・ラボ(1階)

主催:一橋大学 イノベーション研究センター
共催:日本製薬工業協会、バイオインダストリー協会
後援:科学技術振興機構(JST) 社会技術研究開発センター(RISTEX)

※同時通訳がつきます

ワークショップに参加を希望される方は、メールアドレス(sympo201309@iir.hit-u.ac.jp)に、ご氏名とご所属を記入の上、9月23日(月・祝日)までにお申し込み下さい。なお、会議室の定員のためお断りする場合もありますので、予めご容赦ください。(参加費は無料です)

ワークショップの目的
一橋大学のイノベーション研究センターは、科学技術振興機構の「科学技術イノベーション政策のための科学」のプログラムから支援を受けて『イノベーションの科学的源泉』の研究プロジェクトを進めております。本ワークショップでは、新薬の市場導入に焦点を当てて、研究の中間成果を発表するとともに、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのマーク・シャンカーマン教授を招いて、新薬が世界的に導入されていく上での特許制度、価格規制等の影響について、基調講演をお願いし、今後の医薬イノベーションの政策課題を検討します。


(1)13時~14時
 「革新的医薬の上市と特許保護の役割:11の革新的医薬のケースから」 
 司会者 長岡 貞男(一橋大学教授)
 発表者 河部 秀男(バイオインダストリー協会・部長)
 討論者 淺見 節子(東京理科大学教授) 

(2)14時~15時半
 基調講演
「新薬の世界市場への広まり:特許政策、価格規制そして制度の影響」
“Global Diffusion of New Drugs: Patent Policy, Price Controls and Institutions,”

 司会者 飯塚 敏晃(東京大学大学院教授)
 講演者   マーク・シャンカーマン教授(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、CEPR)
 討論者  中村 洋(慶應義塾大学大学院教授)

15時半 休憩

(3)15時50分~16時40分 
 「革新的医薬の上市、臨床試験インフラと規制:11の革新的医薬のケースから」
   司会者   長岡 貞男(一橋大学教授) 
 発表者     源田 浩一(日本製薬工業協会医薬産業政策研究所・主任研究員)
 討論者   河野 典厚(厚生労働省医政局研究開発振興課・治験推進室長)


(4)16時40分~17時30分
 「日本市場での上市医薬品の科学的源泉とその市場パフォーマンス」
  司会者    本庄 裕司(中央大学教授)
 発表者     長岡 貞男(一橋大学教授)
                 西村 淳一(学習院大学准教授)
 討論者  飯塚 敏晃(東京大学大学院教授)

17時半 全体コメントと討論
  司会者 本庄 裕司(中央大学教授)
  大杉 義征(一橋大学特任教授)
  マーク・シャンカーマン教授(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、CEPR)

18時  閉会 

プログラムのダウンロードはこちら

2013年7月8日月曜日

【ワークショップ】2013 International Workshop on Innovations and IPRs2013.6.29

2013 International Workshop on Innovations and IPRs

6月29日(土曜)に韓国のInha University(仁荷大学校)のSSK program in Economicsと共同で  2013 International Workshop on Innovations and IPRsを開催しました。
オーガナイザーは、IIRを訪問中のKeun Leeソウル国立大学教授と長岡貞男IIR教授でした。
IIR訪問中のMark Schankermanロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)教授が基調講演をされた他、日韓の学者が発明者、及びイノベーションと知識の三つのテーマで8本の進行中の研究成果を発表し、活発な議論を行いました。


当日のプログラムは、以下の通りです。


Co-Organized by:
Institute of Innovation Research, Hitotsubashi University
SSK program in Economics (Inha University), Korea

Date   June 29th 2013
Venue  IIR, Hitotsubashi University
  (Conference room of the second floor of the IIR building)

9: 30 to 10:30
Keynote   “Identifying Technology Spillovers and Product Market Rivalry,”
           Mark Schankerman (LSE)
           Chair:  Reiko Aoki (Hitotsubashi University)

10:50 to 12:20 (25 minutes presentation and 20 minutes discussions (10 minutes for a lead discussant))

1. Inventor session  (Chair: Hideo Owan, University of Tokyo)

(1) “Labor Mobility and Productivity of Korean Inventors,”
   Jinyoung Kim (Korea University)
         Discussant: Hideo Owan (University of Tokyo)
(2) “Life-cycle Productivity of Industrial Inventors: How PhDs matter?,”
   Koichiro Onishi (Osaka Institute of Technology)
     and Sadao Nagaoka (Hitotsubashi University)
         Discussant: Jinyoung Kim (Korea University)

13:10 to 14:40 
2. Patent examinations session  (Chair: Mark Schankerman, LSE )

(3) “Uncertainty, Competition and Applicant’s Decision on the Patent Examination Request,”
     Junbyoung Oh (Inha University)
         Discussant: Jun Suzuki (GRIPS)
(4) “Effects of Early Initiation of Patent Examination on the Examination Quality,”
     Sadao Nagaoka (Hitotsubashi University) and Isamu Yamauchi (RIETI)
         Discussant: Patarapong Intarakumnerd (GRIPS)


15:00 to 16:30 
3. Innovations and knowledge session 1   (Chair: Sadao Nagaoka, Hitotsubashi University)

(5) “Comparing the Productivity Impacts of Knowledge Spillovers
         from Network and Arm’s Length Industries: Findings from Business Groups
         in Korea,”
     Kineung Choo (Korea Naval Academy) with Keun Lee (Seoul National University) and Minho Yoon (Kyung-book National University)
         Discussant: Hiroyuki Okamuro (Hitotsubashi University)
(6) “Diverse Entry and Catch-up Strategies of Firms under Different Demand Conditions: Evolutionary Economics Simulations,”
      Keun Lee (Seoul National University) and Minho Yoon (Kyung-book National University),
         Discussant: Kazuyuki Motohashi (University of Tokyo)

16:50 to 18:20
4 Innovations and knowledge session 2  (Chair: Keun Lee, Seoul National University)

(7) “Get Pennies from Many or Get a Dollar from One? Multiple Contracting in Markets for Technology,”
      by Dang Janwei and Kazuyuki Motohashi  (University of Tokyo)
         Discussant: Reiko Aoki(Hitotusbashi University)
(8) “Knowledge and Rent Spillovers through Government-sponsored R&D Consortia”
       Hiroyuki Okamuro (Hitotsubashi University) and
      Junichi Nishimura (Gakushuin University)
          Discussant: Hisam Kim (Korea Development Institute)

このワークショップのプログラムのPDFはこちら


2012年10月9日火曜日

Program for Third Asia-Pacific Innovation Conference 2012.10.13-14

■Program for Third Asia-Pacific Innovation Conference 2012.10.13-14

The Third Asia-Pacific Innovation Conference will be held at Seoul National University, Korea on Saturday 13 and Sunday 14 October 2012.


Conference Host: Professor Keun Lee, Seoul National University


APIC 2012 Timetable
DAY 1 - October 13 (Sat.)

08:00 - 08:30 Registration
08:30 - 08:45 Conference Opening Keun Lee, Seoul National University
                   Welcoming Remark Beth Webster, University of Melbourne

08:45 - 09:55 Plenary Session 1
    Chair: Jaeyong Song, Seoul National University
     - Open or Informal Innovation Networks, and Capability Building in Multinational Firms                      John Cantwell, Rutgers Business School
      - The Globalization of R&D
        Lee Branstetter, Carnegie Mellon University

10:15 - 11:45 20th Seoul Journal of Economics Symposium (Session 1)
     Chair: Elias Sanidas, Seoul National University
      - Why Don't Poor Countries Do R&D?
         William Maloney, World Bank
      - Knowledge and Detour for Sustained Catch-up: Schumpeterian Recipe to Move beyond the Middle Income Trap
          Keun Lee, Seoul National University
       - Do Economic Reforms Affect What You Export?
          Namsuk Choi, Korea Economic Research Institute (KERI)

        Special Session: Innovation in China, Korea, and Japan
        Chair: Hong Hwang, National Taiwan University
       - Industrial innovation in China: national-led vs. global-led
        Xielin Liu, Graduate University of Chinese Academy of Sciences
       - Patent Productivity of Korean Inventors
        Jinyoung Kim, Korea University
      - Standards and Innovation
         Reiko Aoki, Hitotsubashi University

11:45 - 13:05
Lunch
      - Luncheon Speech (Chair: Jun-Byoung Oh, Inha University)
         Apple v. Samsung Patent Disputes and Global IP Strategy
         Kyung-Han Sohn, Korean Intellectual Property Society

13:05 - 14:35
      20th Seoul Journal of Economics Symposium (Session 2)
      Chair: Sokbae Lee, Seoul National University
      - Technology Trajectories and Firm Patenting Strategy
         John Walsh, Georgia Institute of Technology
      - Discovery Process in Science: Findings from the US and Japan Scientists Survey
         Sadao Nagaoka, Hitotsubashi University
      - Type of Assignees and Patent Transfer: The Role of Non-Practicing Entities
         Jong-Rong Chen, National Central University, Taiwan

      STEPI Session: STI Capacity Building and International Cooperation
      Chair: Sungchul Chung, Science and Technology Policy Institute (STEPI)
      - Korean ODA on STI
        Jeong Hyop Lee, STEPI
      - The Enhancement of Korean Science and Technology ODA
        Jin Sang Lee, Korea University
      - Leveraging empirical evidence to identify potential S&T collaborations
         Daniel Fink, Embassy of Brazil in South Korea
14:35 - 14:55 Break
14:55 - 16:25 Parallel Session 1A-1E
16:25 - 16:40 Break
16:40 - 17:40 Parallel Session 2A-2E
17:40 - 17:55 Break

17:55 - 19:05
       Plenary Session 2
       Chair: Sadao Nagaoka, Hitotsubashi University
       - Trading and Enforcing Patents
          Mark Schankerman, London School of Economics
       - Data Transparency as a Public Good
         Stuart Graham, U.S. Patent & Trademark Office

19:20 - Dinner
       - Dinner Speech (Chair: Keun Lee, Seoul National University)
          Science and Technology Policy in Korea
          Jong-Guk Song, Science and Technology Policy Institute (STEPI)

DAY 2 - October 14 (Sun.)
Time Schedules
08:30 - 10:00 Parallel Session 3A-3E
10:00 - 10:20 Break
10:20 - 11:50 Parallel Session 4A-4E
11:50 - 13:00 Lunch

13:00 - 14:10
         Plenary Session 3
           Chair: Tomohiko Inui, Nihon University
        - New Evidence on Academic Patent Licensing
           Brian Wright, University of California, Berkeley
        - Trust, Incomplete Contracts and the Market for Technology
           Beth Webster, University of Melbourne

14:10 - 14:30 Break
14:30 - 16:00 Parallel Session 5A-5E
16:00 - 16:20 Break
16:20 - 17:50 Parallel Session 6A-6E

18:00 - Dinner
       - Dinner Speech (Chair: Jina Kang, Seoul National University)
          Innovation-driven Growth for the Korean Economy: Challenges and Prospect
          Byung-il Choi, Korea Economic Research Institute (KERI)


2012年4月16日月曜日

産学連携による研究開発に関する調査-Q&A

産学連携による研究開発に関する調査

(本調査は終了いたしました。ご協力ありがとうございました)

調査票についてのQ&A



■ 質問票にかかるQ&A 

                                  2012年4月16日版  
Q1. (全般) 本調査のねらいは何でしょうか。

  A1. 政府は産学連携を促進するための様々な施策を過去10年 以上にわたって推進してきましたが、大学からのライセンス、大学発のスタートアップ等の観点から大きな課題を抱えているのが現状です。同時に、創造された知識がどのようにイノベーションに利用され、また研究者の間で知識の融合と移転が行われているのかを体系的に把握したデータはありません。こうした中にあって、産学連携のプロセスについて、客観的なデータによる分析が非常に重要になっております。本調査は、一橋大学イノベーション研究センターと文部科学省科学技術政策研究所との協力によって進めている「産学官知識移動に関する調査研究プロジェクト」の一環として、産学双方の視点からの産学連携研究の実態調査を行い、日本における科学技術とイノベーションの発展における産学連携の貢献のメカニズムを分析し、今後の具体的な提言につなげることを目的としています。本調査の研究成果は、産学連携による研究開発プロジェクトのマネジメントにおいて、技術移転の促進やそこから生じる波及効果を高めるメカニズムの解明にとって非常に有用なものとなると予想されます。また、政府の産学連携担当部局等において、産学連携を効果的に推進するための政策の設計等に重要な情報や手法を提供することも期待しています。

  Q2. 本調査を通じて得られた個人情報や企業秘密は守られるのでしょうか。 

  A2. いただいた回答は厳密に管理され、回答の内容はすべて匿名化して集計し、統計的分析のみに使用します。個人情報の保護から、回答者やその所属企業・大学が特定されるような表記や分析は一切行いません。
また、ご回答いただいたデータはSSLを利用して暗号化され、データ収集されます。

  Q3. 本調査は、産学連携プロジェクトにおける企業と大学の研究者双方に送っているようだが、予め相談する必要がありますか。 

  A3. 本調査は、産学それぞれの研究者に独立に質問をし、回答できる設計となっており、予め相談していただく必要はなく、それぞれのご判断で回答していただければ幸いです。

  Q4. 産学連携プロジェクトの相手方である企業や大学に回答内容が伝わるのでしょうか。 

  A4. ご回答により得られた情報は厳密に管理され、当方から産学連携プロジェクトの相手方である企業や大学に情報を提供することはありません。
なお、匿名化され統計処理された集計的な調査結果については、ご希望の回答者全員にフィードバックすることとしております。

  Q5. (全般) 私は産学連携プロジェクトの責任者ではないのですが、回答の必要はありますか。

  A5. 本調査は責任者ではない方であっても、基本的な部分の回答が可能な方には回答をお願い申し上げております。ただ、もし本調査への回答者として、明らかにより適当な方が他におられます場合には、その方に回答して頂くことも可能です。業務を委託しているインテージリサーチ(innovation-support@intage.co.jp)まで、お手元のお問い合わせ番号を添えてその方の氏名、連絡先をご連絡ください。

  Q6. (全般) 私は既に退職・異動・転職しておりますが、アンケートへの回答をした方が良いでしょうか。

  A6. 本研究は、2004年~2007年に出願された共同発明特許に関して、調査をしておりますので、退職・異動・転職をされている場合でも、当時における産学連携プロジェクトの知識生産、移動等の過程が対象となりますので、ご回答頂けますと幸いです。こうした趣旨を踏まえてご協力を頂けますと大変に幸いです。

  Q7. (全般) 調査対象の特許は、特に、外部資金に基づくプロジェクト研究から創出されたものではなく、アンケートの趣旨に合わないと思いますが、答える必要はあるでしょうか。  

  A7. 今回の調査は産学連携による研究開発全般について客観的なデータを体系的に収集させて頂くことを目的としております。このため、外部資金を得たプロジェクト研究を前提としているわけではなく、全く外部資金を利用していない小さなプロジェクトを含めて、調査対象としております。

  Q8. (全般) 対象となる共同発明特許は産学連携プロジェクトを代表する発明ではなく、対象特許の抽出にバイアスがあるのではないですか。 

  A8. 本調査の対象は、出願された共同発明特許そのものではなく、出願された共同発明特許を生み出した産学連携プロジェクトです(共同発明特許は手がかりです)。質問も大半が産学連携プロジェクトに関連するものです。したがって、そのプロジェクトが当該特許の他に、より重要な特許を成果として創出している場合も十分あり得ると考え、そのための質問を用意しております。こうした趣旨を踏まえてご協力を頂けますと大変に幸いです。

  Q9. (全般) 質問票の全体像が分からないのですが、どのような構成になっているのでしょうか。 

  A9. 質問票は次のように構成されております。→概要ページ

  Q10. (全般) IDやパスワードを入力してもWEB調査画面にログインできません。 

  A10. 本IDは数字のみ8桁、パスワードは英数字6桁からなっています(いずれも半角)。
入力いただくIDやパスワードのアルファベット、数字をご確認いただき、再度ログインをお願いします。(アルファベットのO(オー)と数字の0(ゼロ)には特にご注意下さい)。

  Q11. (全般) アンケートは途中で中断できるのでしょうか。 

  A11. アンケートは中断できます。中断後、IDとパスワードで再度ログインいただいた場合、直前までお答えになっていた質問からアンケートが再開されます。

  Q12. (全般)回答が送信されたか不安です。 

  A12. 本調査は全部で7つのパートから構成されております。
パート7の最後の設問の後には、アンケートの全ての回答データを送信するボタンを押すページがあります。最後に「全ての回答データを送信する」ボタンを押していただくようお願いいたします。


2012年4月1日日曜日

産学連携による研究開発に関する調査-概要

産学連携による研究開発に関する調査

(本調査は終了いたしました。ご協力ありがとうございました)

研究プロジェクトの概要

■ 調査趣旨  
 科学的知識の創造・融合・活用の担い手が同一であるケースは非常に希であることが端的に示すように、効果的なイノベーションの推進には科学者と技術者との間の広範囲かつ高密度の連携が重要だと考えられます。このため、今後の日本のイノベーションを強化していく上でも、産学連携の推進は重要な鍵となると考えられます。

政府は産学連携を促進するための様々な施策を過去10年 以上にわたって推進してきましたが、大学からのライセンス、大学発のスタートアップ等の観点から大きな課題を抱えているのが現状です。同時に、創造された知識がどのようにイノベーションに利用され、また研究者の間でどのように知識の融合と移転が行われているのかを把握した体系的なデータはありません。こうした中にあって、産学連携のプロセスについて、客観的なデータによる分析が非常に重要になっております。

本調査は、一橋大学イノベーション研究センターと文部科学省科学技術政策研究所との協力によって進めている「産学官知識移動に関する調査研究プロジェクト」の一環として、産学双方の視点からの産学連携研究の実態調査を行い、日本における科学技術とイノベーションの発展における産学連携の貢献のメカニズムを分析し、今後の具体的な提言につなげることを目的としています。本調査の研究成果は、産学連携による研究開発プロジェクトのマネジメントにおいて、技術移転の促進やそこから生じる波及効果を高めるメカニズムの解明にとって非常に有用なものとなると予想されます。また、政府の産学連携担当部局等において、産学連携を効果的に推進するための政策の設計等に重要な情報や手法を提供することも目指しています。

■ 調査対象者  
  本調査は産学連携研究において、サイエンスからイノベーションへの過程の全体像を把握するため、また、企業と大学におけるプロジェクトの目的及び範囲自体が異なるため、産学共同発明を行った同一のプロジェクトについて、産学双方の研究者に質問票を送らせていただいております。質問票は単独でそれぞれ記載可能であり、記載に当たって共同研究者の間で相談を頂く必要もありません。調査対象は2004~2007年度に出願された産学共同発明特許をもたらした研究プロジェクトが対象です(以下の「調査対象者の選定方法」を参照)。

■ 調査票についてのQ&A  
  調査票についてのQ&Aはこちらをご覧ください。⇒ 
  
■ 回答時間と期限  
  ご多用中に誠に恐縮ですが、調査の趣旨をご理解いただき、ご協力いただければ幸いです。ご回答は2012年5月31日までにご入力ください。
■ 個人情報の保護とフィードバック  
  ご回答の内容はすべて匿名化して集計し、統計的分析のみに使用します。個人情報の保護から、回答者やその所属企業・大学が特定されるような表記や分析は行いません。
また、調査にご協力くださいました方には、後日、集計作業が終了した後に、集計結果をお送りいたします。

 参考)調査対象者の選定方法
産学連携による共同発明特許の特定方法
特許の発明者として、国立大学の職員および民間企業の所属者の両者が含まれる特許を「産学連携による共同発明特許」として定義し、2004~2007年度に出願された特許の出願人・発明者情報から特定したものである(約1万件)。 
    
回答者の特定方法
上記の特許(1件以上)の発明者情報から、当該特許の発明者記載頻度、記載の順序等を勘案し、当該特許の創出において最も関連が深いと推定される発明者を調査し、国立大学と民間企業の発明者を各1名アンケートの回答者として抽出する。 
  
  *ただし、本調査への回答者として、他に適当な方がおり、その方にお答え頂ける場合には、その方に回答して頂くことも可能です。以下のメールアドレス(産学連携による研究開発に関する調査チーム)までに、その方の氏名、連絡先をご連絡ください。 
  
■ 調査票の構成  
企業側研究者への質問票構成    質問票詳細はこちら =>

1 産学連携による研究開発プロジェクトの基本情報 15問
2 産学連携による研究開発プロジェクトにおけるマネジメント:知識の融合と移転のプロセス 9問
3 企業発明者からみた産学連携による研究開発プロジェクト実施への動機ときっかけ 5問
5 産学連携による研究開発プロジェクトへのインプット 5問
6 産学連携による研究開発プロジェクトの大学における成果とその波及効果 17問
7 ご回答者に関する質問 14問

※大学研究者への調査票との質問番号の統一を図るため企業側の質問票構成では4.(シーズに関する質問)は欠番としております。

大学側研究者への質問票構成     質問票詳細はこちら =>
1 産学連携による研究開発プロジェクトの基本情報 14問
2 産学連携による研究開発プロジェクトにおけるマネジメント:知識の融合と移転のプロセス 6問
3 大学発明者からみた産学連携による研究開発プロジェクト実施への動機ときっかけ 4問
4 産学連携による研究開発プロジェクトのシーズ・ニーズに関する質問【プレ研究】 8問
5 産学連携による研究開発プロジェクトへのインプット 4問
6 産学連携による研究開発プロジェクトの大学における成果とその波及効果 15問
7 ご回答者に関する質問 11問

  
 <お問い合わせ先> 
  一橋大学 イノベーション研究センター
宛先: 産学連携調査事務局電子メール: survey_sci@iir.hit-u.ac.jp
ファクシミリ: 042-580-8410
住所: 〒186-8603 東京都国立市中2-1 
 <ウェブページの操作方法、調査票の転送等に関する問い合わせ先> 
  株式会社 インテージリサーチ  
担当:小椋・菊地・土屋
電子メール: innovation-support@intage.co.jp
住所: 〒203-8601 東京都東久留米市本町1-4-1緊急の場合は以下にお電話ください。
電話: 03-5294-8325 (平日9:30-18:00)
 <産学連携による研究開発に関する共同研究会> 
  一橋大学イノベーション研究センター 教授 赤池伸一
一橋大学イノベーション研究センター 教授 長岡貞男
一橋大学イノベーション研究センター 助手 西村淳一
成城大学社会イノベーション学部教授、一橋大学 イノベーション研究センター客員共同研究員  伊地知 寛博
科学技術政策研究所第3調査研究グループ 上席研究官 細野光章
科学技術政策研究所第3調査研究グループ 客員研究官 中山保夫
科学技術政策研究所第3調査研究グループ 客員研究官 齊藤有希子

2012年3月17日土曜日

産学官連携ワークショップ(Day 2) 「イノベーション過程の測定と経営」2012.3.17

産学官連携ワークショップ(Day 2) 「イノベーション過程の測定と経営」
  日時: 2012年3月17日(土) 9時半~18時40分 
会場: 一橋大学 第三研究館 3階研究会議室 
主催: 一橋大学イノベーション研究センター
  プログラム
    基調講演 産業界から見たイノベーション過程
   司会 中馬宏之(一橋大学イノベーション研究センター 教授)
9時半から10時30分
『日本半導体産業の復活に向けて-2000年代の不振の原因分析と今後の課題』
   中屋雅夫(一橋大学イノベーション研究センター 特任教授)
   (Q&A)

10時30分から11時30分 
『アクテムラの開発の軌跡:不確実性、産学連携、競争』
   大杉義征 (一橋大学イノベーション研究センター 特任教授)
   (Q&A)
    研究報告 R&Dシステム 及び 研究開発の収益化(発表30分、コメントとQ&A 15分)
司会:青島矢一(一橋大学イノベーション研究センター 教授)

11時45分から12時30分 
報告1『半導体産業における国際競争力低下要因を探る:R&Dシステムの視点から』
   中馬宏之(一橋大学イノベーション研究センター 教授)
   (コメント)  中屋雅夫(一橋大学イノベーション研究センター 特任教授)

13時15分から14時 コメントと質疑
報告2『「価値づくりに貢献する模倣をされない技術とは:積み重ね技術の重要性」
   延岡健太郎(一橋大学イノベーション研究センター 教授)
   (コメント)  新宅 純二郎(東京大学経済学研究科 教授)

  研究開発コンソーシアムセッション  (発表各25分)
司会:中馬宏之一(一橋大学イノベーション研究センター 教授)
14時15分から16時15分
 
(1) 『公的資金によるR&D成功に向けてのマネジメント』
   山崎晃(千葉工業大学社会システム科学部 教授)
 
(2) 『公的支援プロジェクトのマネジメントと成果』
   青島矢一(一橋大学イノベーション研究センター 教授) & 松嶋一成(一橋大学大学院商学研究科博士課程)


(3) 『公的支援プロジェクトの実態』
   青島矢一(一橋大学イノベーション研究センター 教授) & 松嶋一成(一橋大学大学院商学研究科博士課程)

コメントと質疑 (質疑45分)
コメント  山下 勝(新エネルギー・産業技術総合開発機構 評価部 主任研究員)
      伊地知 寛博(成城大学教授)

司会 伊地知 寛博(成城大学社会イノベーション学部 教授)
16時 40分から18時40分

(4)『研究コンソーシアムにおける集中研の役割:NEDOコンソーシアムからの知見』 
   長岡貞男(一橋大学イノベーション研究センター 教授)

(5)『NEDOプロジェクトからのスピルオーバー:特許データからのエビデンス』
   塚田尚稔(経済産業研究所 研究員)
  

コメントと質疑
コメント  山下 勝(新エネルギー・産業技術総合開発機構 評価部 主任研究員)      河部秀男(バイオインダストリー協会 部長)

2012年3月16日金曜日

国際ワークショップ「イノベーション過程の測定と経営」2012.3.16

国際ワークショップ「イノベーション過程の測定と経営」
  日時: 2012年3月16日(金)9:30~18:10 (同時通訳付き) 
会場: 霞が関ナレッジスクエア
主催: 一橋大学イノベーション研究センター
共催:文部科学省科学技術政策研究所
後援: 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、日本製薬工業協会、バイオインダストリー協会
  ワークショップの目的:
 イノベーション過程の測定と経営を焦点にして、「イノベーション過程の産学官連携研究プログラム」の共同研究プロジェクトの研究成果を発表し、討議を行います。米国のリーディング・スカラー3名に参加頂きます(同時通訳があります)。本プログラムは、文部科学省の特別教育研究経費、科学研究費補助金基盤研究SおよびAの助成を受けています。
  プログラム
    9:30~10:30
基調講演(1)

司会:後藤晃(政策研究大学院大学 教授)

 演題:「ハイテクノロジーにおける特許発明と科学的発見の共進化」
  講演者:リン・ザッカー(カリフォルニア大学ロサンゼルス校 ラスキン公共政策大学院 教授、全米経
                 済研究所)
  コメント:青木玲子(一橋大学経済研究所 教授、総合科学技術会議議員)
  10:50~12:30 
セッション:日米における科学的発見のプロセス
(発表:各30分、質疑:40分)
司会:岡室博之(一橋大学大学院経済学研究科 教授)

 (1)「パスツールの象限における研究:その重要性」
  発表者:長岡貞男(一橋大学イノベーション研究センター 教授)
 (2)「科学のマネジメント、セレンディピティー、研究業績:日米における科学者調査より得られた
     エビデンス」
  発表者:清水洋(一橋大学イノベーション研究センター 准教授)
 
  コメント:マイケル・ダービー(カリフォルニア大学ロサンゼルス校 アンダーソン経営大学院 教授、
                      全米経済研究所)
  13:30~15:10 
セッション:日米における科学的発見のプロセス(続)
(発表:各30分、質疑:40分)
司会:赤池伸一(一橋大学イノベーション研究センター 教授)

 (3)「科学における知識生産に対する研究チーム組織および研究資金の影響」
  発表者:伊神正貫(文部科学省科学技術政策研究所 主任研究官)
 (4)「科学的発見の商業化プロセス」
  発表者:ジョン・ウォルシュ(ジョージア工科大学公共政策大学院 教授)

  コメント:リン・ザッカー(カリフォルニア大学ロサンゼルス校 ラスキン公共政策大学院 教授、
                  全米経済研究所)
  15:30~16:30
基調講演(2):
司会:長岡貞男(一橋大学イノベーション研究センター 教授)

 演題:「メディカル・イノベーション、寿命の延長と経済成長」
  講演者:フランク・リキテンバーグ(コロンビア大学経営大学院 教授、全米経済研究所)
  コメント:大橋弘(東京大学大学院経済学研究科 准教授)
  16:40~18:10
セッション:バイオ・スタートアップと医薬品のイノベーション
司会:中馬宏之(一橋大学イノベーション研究センター 教授)

 (1)「日本のバイオテック企業の参入と成長のプロセス:過去十年来の教訓」
  発表者:本庄裕司(中央大学商学部 教授))
 (2)「日米上場バイオスタートアップの成長過程:資金制約vs技術シーズ」
  発表者:西村淳一(一橋大学イノベーション研究センター 研究助手)


  コメント:フランク・リキテンバーグ(コロンビア大学経営大学院 教授、全米経済研究所)