2011年12月31日土曜日

科学における知識生産プロセスに関する調査-概要

科学における知識生産プロセスに関する調査


■   研究プロジェクトの概要 

日本では科学の国際競争力を高めるとともに、それを基盤としたイノベーション創出を強化することが重要な課題となっています。しかしながら、科学における知識創造過程や科学知識からイノベーションが創出される過程についての、体系的なプロジェクトレベルの実証研究は、日本のみならず世界的にも存在していないのが現状です。これを受けて、今回、一橋大学イノベーション研究センターと文部科学省科学技術政策研究所の共同研究により、「科学における知的生産プロセスに関する調査」を実施することとしました。米国については、米国のジョージア工科大学などの協力を得て、2010年に実施の予定です。

  本研究では、日米の全分野の科学者を対象とした包括的な質問票調査を行い(日米それぞれ7千名以上を対象)、科学における知識生産プロセスとそのイノベーション創出における日本の構造的な特徴を明らかにする客観データを得ることを目的としています。これによって、日米のサイエンスについて、以下の基本的な問いに実証的な回答を与えることを目指しています。これらについての構造的な理解は、今後のサイエンスのあり方を検討する上でも重要な役割は果たすと考えています。

  (1) 日本で活動する科学者による研究プロジェクトは、どの程度の頻度で純粋基礎研究(ストークスの分類で言えば「ボーアの象限」)にあり、どの程度の頻度で目的基礎研究(「パスツールの象限」)や応用研究(「エディソンの象限」)にあるのか。  

  (2) 着想から国際的な研究業績までにどの程度の時間を要するのか、この間の研究資金をどのように確保しているのか。  

  (3) 学際的なチーム、分野融合的なチームあるいは国際的なチームが質の高い研究ができるのかどうか。研究者の組織間の移動はどのように研究のパフォーマンスに影響をするのか。  

  (4) 研究においてセレンディピティーはどの程度重要なのか、どのような研究でそれが生まれやすいのか。  

  (5) 研究におけるグローバルな競争の状況や自らの研究の位置づけを事前にどの程度、科学者は認識しているのか。  

  (6) 大きなブレークスルーが生じた要因として何が重要であるか。研究領域自体の新規性、研究方法の革新、セレンディピティーなど。  

  (7) 研究の成果を論文の他、どの程度特許化しているのか。特許化にどのような制約があるのか。またどの程度産学連携研究を派生させているのか、そのためにどのような誘因と制約があるのか。  

  (8) 研究成果をベースとしたイノベーションがどのようなルート(ライセンス、スタートアップ、コンサルティングなど)で生じているのか。このようなイノベーション創出が生じやすい研究には、研究の動機や研究チームの構成にどのような特徴があるのか。また科学者はノウハウの移転のための契約、大学から企業への移動などを含めて、どのように関与しているのか。どのような制度を利用しているのか。それにどのような制約があるのか。  

   なお、本研究は科学研究費補助金(「サイエンスにおける知識生産プロセスとイノベーション創出の研究」課題番号:21243020)の助成を受けて実施しています。2009年度から4年間の計画で研究を進めています。  

 研究チーム  

長岡貞男
(研究代表者) 一橋大学イノベーション研究センター 教授、文部科学省科学技術政策研究所 客員研究官、経済産業研究所 研究主幹  

江藤 学
   一橋大学イノベーション研究センター 教授  

伊神正貫
  文部科学省科学技術政策研究所 主任研究官、
  一橋大学イノベーション研究センター 特任准教授  

伊地知寛博
  成城大学社会イノベーション学部 教授、
  文部科学省科学技術政策研究所 客員研究官  

 大湾秀雄
  東京大学社会科学研究所 准教授  

楡井 誠
  一橋大学イノベーション研究センター 准教授  

清水 洋
  一橋大学イノベーション研究センター 専任講師  

Paula E. Stephan
  ジョージア州立大学 教授  

John Walsh
  ジョージア工科大学 准教授