2011年12月31日土曜日

科学における知識生産プロセスに関する調査-成果

科学における知識生産プロセスに関する調査

調査概要及びそれによる研究成果



■   調査概要及びそれによる研究成果


  イノベーション研究センターと文部科学省科学技術政策研究所は、日本の全分野の研究者を対象とした包括的な質問票調査(「科学における知識生産プロセスに関する調査」)を2009 年末から2010 年春にかけて実施しました。

(調査対象)
調査は、2001年から2006年に発表(データベースに収録)された科学論文のうち、いずれかの著者の所属機関に日本に所在する機関が含まれている論文で、被引用数上位1%の高被引用度論文(調査対象の約3分の1)と、それ以外の通常論文(高被引用度論文を除く無作為抽出論文、調査対象の約3分の2)の著者に対して、論文を生み出した研究プロジェクトについてのアンケート調査を行ったもので、約2,100件の回答を得ました(回答率約27%)。

(成果報告)
本調査から、科学研究における多様な人材や研究マネジメントの重要性、科学研究の不確実性の度合い、研究プロジェクトが生み出す特許出願や共同研究・受託研究、標準などの包括的な状況が、初めて定量的に明らかにされました。調査結果の概要を以下に纏め、2010年11月4日に公表しました(参考資料として、巻末に調査票、及び集計表を含めています)。

「科学における知識生産プロセスの研究 ― 日本の研究者を対象とした大規模調査からの基礎的発見事実 ―」(長岡貞男・伊神正貫・江藤学・伊地知寛博,IIRワーキングペーパー WP#10-07_1(本論),WP#10-07_2(参考資料: 調査票・集計表),2010年11月 
                           [pdf版 download]
                            (本論) (参考資料: 調査票・集計表)

本ワーキングペーパーでは、調査の重要な基礎的発見事実と考えられる点を要約し、今後の調査課題を含めた含意を述べています。今回の報告は、分析の第一段階であり、これらの発見事実をもとに、今後更なる分析を進めていきます。調査で得られた研究プロジェクトについての包括的なデータセットを活用し、また、書誌データや引用データなどとも組み合わせ、発見事実の背景にあるメカニズムや原因の解明に資する分析を実施する予定です。