2011年12月31日土曜日

「リソグラフィとITRS」WP#10-06,2010年9月


■ 「リソグラフィとITRS」

龜山雅臣
   IIRワーキングペーパー WP#10-06,2010年9月              
                   [pdf版 download]


ITRS(International Technology Roadmap for Semiconductor)のロードマップ活動は社会的に認知され、半導体以外の産業でもロードマップが策定されるようになった。一方でITRSはIntelロードマップとも呼ばれることがあり、特定企業に有利とその意義に疑問が持たれた事もあった。本論文では半導体産業が発展し続けるために追求する微細化とITRSの現状を議論し、微細化を支えるリソグラフィ技術とITRSのかかわりに触れた後、ITRSの半導体産業内での意義、功罪、そして誰がロードマップで利益を得るかを議論した。現在のように寡占化が進んだ半導体素子製造の業界においてロードマップは、技術での不意打ちを避ける手段として、また研究開発費の低減の手段として業界の勝者に有利で、王者の戦略と言える。